ジャスミン 精力

精力剤といっても、得意分野・不得意分野があるのをご存じですよね?


精力剤ランキング



性欲と媚薬

 

ジャスミンはご存知の方も多いと思います。

 

ジャスミンティーなどでも有名ですよね??

 

 

あのなんとも品の良い甘い香りのするものです。

 

 

実はこのジャスミンが歴史的には古くから

 

「媚薬」として使われていたとされるのです。

 

 

とくに有名な話なのはクレオパトラが

 

ジャスミンを使っていたという説があります。

 

 

彼女は敵対する将軍にジャスミンの香りを嗅がせて欲情させて、

 

それによってクレオパトラを自分のものにしたい。

 

という感情を抱かせる事で相手を自分の虜にしました。

 

 

結果、敵国を自分の手中に収めたというエピソードもあるほどなのです。

 

 

また、インドやアラビアでもジャスミンは古くから

 

催淫作用のあるものとして使われています。

 

 

夜に香りが1番増すといわれるように、ためらいを取り除き本能を呼び起こし、

 

人間としての欲求を開放する花とされ

 

「夜の女王」という名前まで持っているのです。

 

 

その効能ですが、ずばりセックスに自信がない人や

 

セックスに不安や恐怖を感じている人。

 

 

または、もっと大胆になりたいと思っている人。

 

 

いわゆる「心因性ED」の症状を持つ方達に有効であると考えられます。

 

というのもジャスミンの主な成分の1つである酢酸リナリルは、

 

脳内神経伝達物質の1つである「セロトニン」の分泌バランスを改善するためなのです。

 

 

セロトニンは、快感や恐怖などを司る他の神経伝達物質などの

 

情報をコントロールし、精神的に安定させるという作用を持つものです。

 

 

ストレスの多い現代社会では気持ちを落ち着かせようとするあまり

 

セロトニンが過剰に分泌されるこ事が多いのです。

 

 

そのため理性というブレーキが掛かり過ぎている事があり、

 

ときに勃起を阻害する要因にもなるのです。

 

 

しかし適度なセロトニンの分泌は気分をリラックスさせ、安らぎを与えます。

 

 

心因性EDの対応策にもなると考えらえているので

 

ジャスミンの効果が役に立つと考えられるのです。

 

 

ジャスミンはセロトニンの分泌を促すと同時に、

 

人をその気にさせる「媚薬効果」があるようです。

 

 

さらにゲラニオールという成分は女性のフェロモンといわれる

 

「エストロゲン」の分泌を促す効果があるため、ジャスミンは結果的に男性、女性ともに

 

性的な興奮度を高める効果が期待できるのです。

 

 

さらに、肌にも良い効果があり、乾燥肌、敏感肌を整えて弾力を保持してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
実録!精力剤体験記
巷にはいろいろな精力アップ方法や精力剤がありますが・・・
ハッキリ言って情報が多すぎてどれが自分に合っているのかわからない・・・
こうなったら自分の体で人体実験してみた